17/04/05 笠松競馬「新緑賞」を観戦

2017年4月5日 21:31 | カテゴリー: 04―00:雑記, 04―02:競馬(中央、地方、海外) | コメントをどうぞ

さて今日(4/5)は笠松競馬場へ足を運びました。
新ビジョンの落成セレモニーもあるので、開門前に競馬場へ到着しました。
あまりに早く着きすぎてしまったために、近くのコンビニで缶コーヒーを飲みながらスマホをポチポチいじっていましたw

開門時刻の10時30分になり、すぐさま入場。
新ビジョンは既に稼働していました。
そして10時40分に落成セレモニーが始まりました。農政局の職員さんや、議員さんもお祝いに駆けつけていて、いつもとは違うムードでしたね。笠松町長の挨拶もありました。

テープカットも行われ、祝賀ムードに華を添えました。

まずは第1レースに出走していたリンを見ました。(8番の馬)
オーナーも渋谷さんという方だし、マイミクのにーにゃPもおっしゃっていましたが名実ともに「渋谷リン」ですねw
リンは結局4着。なんとか掲示板には載ったという内容でしたね。
第1レースを勝ったのは岡部誠騎手騎乗のシルバーゲイルでした。
岡部騎手はこの日3勝と絶好調でしたね。

今月はオグリキャップ記念もあるので、楽しみです。
名古屋のスターホース、カツゲキキトキトの参戦も噂されているので、楽しみは尽きないですね。

続いて見たのは第3レース。ミツアキタービンの仔、ミツアキターが出走してたので、写真を撮りました。
ミツアキターは結局上位から大きく離され7着。残念な結果でした。

第4レースのキョウワマロンに乗っていたいた中央のルーキー、川又賢治騎手の写真も一枚。ちょっと遠巻きにしか撮れなかったですけどね。
川又騎手は第8レースも含め、2鞍騎乗がありました。
キョウワマロンは3着。まあ健闘したと言えるんじゃないでしょうか。

続いて第5レースに出走していたミツアキダイチャンも撮りました。この馬もミツアキタービンの仔ですね。

桜の飾りをつけた誘導馬ウィニーが先導し、春一色のムードでしたね。

名手、東川公則騎手を背に、いざ!

第5レースはミツアキダイチャンが1番人気に応え、勝利を収めました。B級で勝ちを拾えたのは大きいと思います。

第7レース「春風賞」に出ていた笠松のルーキー、渡邊竜也騎手の写真も一枚。
レースは5着止まりでしたが、初勝利が早く見たいです。

愛馬会にも寄り、後藤正義調教師のお母様にも挨拶しました。
少ししか話せませんでしたが、有意義な時間でした。

そしてメインの「新緑賞」のパドック周回も始まりました。

人気の一角、セレニティフレアです。
笠松の3歳重賞「ゴールドジュニア」を制しています。

中央500万以下条件で揉まれてきたアンティクイーンも人気を集めました。
笠松では3歳特選を2勝しており、侮れない馬です。

愛知から参戦のサザンオールスターです。父は南関の雄、フリオーソですね。
まだ重賞勝ちはありませんが、実力はある馬です。

サザンオールスターには吉井友彦騎手が騎乗しました。

フリーゴーイングには名古屋競馬の華、木之前葵騎手が騎乗しました。

アンティクイーンの返し馬の写真も撮りました。鞍上は佐藤友則騎手です。

そして「新緑賞」も滞りなく発走。今日も激しいレースが展開されました。

レースはチェリーシャクナゲが逃げ、アンティクイーンとサザンオールスターが好位につけるレースでした。
そして直線でサザンオールスターが抜け出し、そのまま押し切りました。見事、重賞制覇ですね。
2着には人気薄のイスタナが入り、波乱の結果となりました。

勝利ジョッキーの吉井友彦騎手です。笠松リーディングを獲った年もあり、実力は申し分ない騎手です。
サザンオールスターはまだ成長の余地があると語っていましたね。

笠松競馬の職員や関係者の方々、今日も楽しい時間をありがとうございました。
今月の「オグリキャップ記念」も、もちろん足を運ぶつもりです。

WordPress.com Blog.
Entriesコメント feeds.