17/03/11 中京競馬「金鯱賞」を観戦

2017年3月11日20:52 | カテゴリー: 04―00:雑記, 04―02:競馬(中央、地方、海外) | コメントをどうぞ

さて、今日(3/11)ですが、久々に中京競馬場へ足を運びました。
メインはG1「大阪杯」のステップレースであるG2「金鯱賞」ですね。
昼に中京競馬場へ着き、しばらくのんびりしていました。

そして、場内のオーロラビジョンで障害重賞(J・G2)「阪神スプリングジャンプ」を眺めていました。
昨年の「中山グランドジャンプ」と「中山大障害」を制したオジュウチョウサンが、好位から抜け出し勝利。その強さをまざまざと見せつけました。
まさにハードル競走の王者ですね。「中山グランドジャンプ」の連覇なるか、注目したいです。

そして、9レースが終わったあたりからパドックへ行き、「金鯱賞」のパドック周回が始まるのを待ちました。

1番人気に推されたヤマカツエースです。前走の「有馬記念」は4着。実績は抜群の馬です。

こちらも人気の一角、ステファノスです。
「天皇賞(秋)」と「香港カップ」で3着と、このメンバーでは実績上位ですね。

女傑ルージュバックもここに参戦。「毎日王冠」を勝った実績もあり、侮れない馬です。

「オークス」を制したヌーヴォレコルトも復活をかけてここに挑みます。

古豪サトノノブレスも、虎視眈々と上位を狙います。昨年の「金鯱賞」は3着。雪辱はなるでしょうか。

そしてスタンド前が混雑する前にパドックから引き揚げ、ウィナーズサークルの一番前を陣取りました。
発走を告げるファンファーレが終わった後には、ファンからも拍手や歓声が上がりましたね。この雰囲気がたまらないです。
私が競馬を現地で見るのにこだわるのも、その雰囲気を味わいたいからです。それに、サラブレッドも騎手も生で見ると本当に美しいです。

さて、レースはロードヴァンドールが逃げる形に。ヤマカツエースは中団につけました。そして直線でヤマカツエースが一気に抜け出し、2着に1 1/4馬身をつける完勝でした。「金鯱賞」連覇達成です。
2着は逃げたロードヴァンドールと、直線で一気に差したスズカデヴィアスとの争いになりましたが、写真判定の結果、ロードヴァンドールがハナ差で2着に粘りました。

優勝レイを掛けて口取りに向かうヤマカツエースです。1番人気に見事、応えてくれました。

優勝ジョッキーの池添謙一騎手です。オルフェーヴルで牡馬クラシック3冠を達成している一流ジョッキー。「大阪杯」でもヤマカツエースの手綱をとるでしょうね。

「金鯱賞」の表彰式を見届けてから、早いですが帰路に就きました。
今日も楽しい観戦でしたね。
「高松宮記念」は用事があって行けませんが、また夏の開催にでも足を運ぼうと思います。

さて来月は2回、笠松競馬場へ行く予定です。(「新緑賞」と「オグリキャップ記念」)
と、その前に名古屋競馬「名古屋大賞典」もありましたね。
中央競馬も春のG1戦線が始まりますが、地方競馬も楽しみたいですね。

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。