17/03/30 名古屋競馬「名古屋大賞典」を観戦

2017年3月31日16:59 | カテゴリー: 04―00:雑記, 04―02:競馬(中央、地方、海外) | コメントをどうぞ

さて昨日(3/30)ですが、名古屋競馬場に行っていました。

メインレースはダートグレード競走「名古屋大賞典」です。

 

昼過ぎに名古屋競馬場へ着き、休憩所でしばらくのんびりすることに。

そして会社の元先輩と合流し、準メインのパドックが始まるまでお話をしていました。(主に競馬と野球の話)

準メインの「昇竜杯」からパドックの最前列に陣取り、馬の写真を撮っていました。

 

私が期待していたのはアップアンカーでした。一昨年の笠松競馬「くろゆり賞」を制したのをはっきり覚えています。

A級特別のここなら勝負になるかと思いましたが、殿負けを喫しました。

 

続いてメインレース「名古屋大賞典」のパドックが始まりました。

注目はもちろん、この馬です。

 

今の名古屋競馬を背負って立つ馬、カツゲキキトキトです。

前走の園田競馬「六甲盃」を圧勝するなど、地方所属馬の中でも随一と言える力を持っています。

 

前走の川崎競馬「川崎記念」で初G1制覇を成し遂げたオールブラッシュもここに出てきました。

59kgと酷量を背負いますが、実績は抜群の馬です。

 

ダートグレード3勝を誇るケイティブレイブもここに出てきました。

前走の東京競馬「フェブラリーステークス」は6着でしたが、ここでも十分勝負になる馬です。

 

大畑雅章騎手を背に、いざ本馬場へ。

 

ちなみに、2003年の「名古屋大賞典」を制したマルカセンリョウが誘導馬を務めました。

無敗で欧州三冠制覇を達成し「神の馬」と称された名馬ラムタラの仔が日本の地方競馬で活躍したのは、数奇な運命だと思います。

 

さてレースは、軽快に逃げた中央・ケイティブレイブが直線までセーフティリードを保ち、斤量58kgを物ともせず、まんまと逃げ切りました。

2着はこちらも中央のピオネロ。3着に名古屋競馬代表のカツゲキキトキトが入りました。

カツゲキキトキトはレース中盤で少し後ろに下げましたが、直線ではいい脚を見せてくれました。距離がもう少し長ければ2着もありましたね。健闘したと思います。

唯一のG1馬、中央・オールブラッシュは斤量が響いたか5着まででした。

 

さて次の競馬観戦は、4/5の笠松競馬「新緑賞」の予定です。

新しくできたビジョンの落成式があるようなので、当日は早めに行きたいですね。

17/03/24 笠松競馬「東海クラウン」を観戦

2017年3月25日09:13 | カテゴリー: 04―00:雑記, 04―02:競馬(中央、地方、海外) | コメントをどうぞ

さて今日(3/24)ですが、作業所がお休みの日だったので、笠松競馬場に行ってきました。

メインは準重賞「東海クラウン」です。

 


オグリキャップ、今日もよろしくお願いします。

 

 

もうすぐ落成するビジョンの写真も一枚。

 

競馬場到着後はしばらくのんびりしていましたが、13時になり、愛馬会が開いたので真っ先に足を運びました。

目的は、後藤正義調教師のお母様にご挨拶するため。知人のカスPから正義先生の弟、佑耶さんの調教師試験合格のお祝いの言葉を伝えてほしいと頼まれていました。お母様は喜んでおられましたね。

その後はしばらく愛馬会にいて、お母様や他のお客さんと談笑していました。お茶やお菓子までいただいて、こちらの方が感謝しきりでしたね。

 

そして8レースの前に、大井から期間限定騎乗で笠松に在籍していた高橋昭平騎手のお別れセレモニーが行われました。

 

半年もの間、笠松で研鑽を重ねた日々を忘れずに、今後の騎手人生を突き進んでほしいですね。

 

そして、メインレースの「東海クラウン」の時間がやってきました。

ゴールドブラザーやナスノアオバが人気になっていましたが、私が応援していたのはこの馬。

 

全国を過酷なローテーションで転戦しているタッチデュールです。このレースで通算152戦目、タフに走り続けています。最近は成績が振るいませんが、このメンバーならなんとか3着くらいには来れないかなと思っていました。

 

今日も白熱したレースが見れました。やはりサラブレッドは走る芸術品ですね。

 

「東海クラウン」は戸部尚実騎手騎乗のゴールドブラザーが1番人気に応えました。道中は中団で控え、直線で一気に他馬を差し切りました。

山下雅之騎手騎乗のタッチデュールは6着。もう往年の力は残ってないかもしれませんが、なんとか1戦1戦、頑張って走ってほしいです。

 

本当は最終レースに出走するはずだったハイジャも見たかったですが、出走取消だったので見ることができず。最終レースは見ずに帰りました。

 

昨年の「笠松グランプリ」以来の笠松競馬観戦でしたが、今日も充実した観戦になりました。来月は「新緑賞」と「オグリキャップ記念」があるので、なんとしても行こうと思います。

17/03/16 外出レクで大須へ

2017年3月16日16:49 | カテゴリー: 04―00:雑記, 04―01:音楽(ボカロなど), 04―04:ゲーム, 04―05:その他 | コメントをどうぞ

さて今日は、作業所の外出レクで大須まで行ってきました。
皆で車に乗り、大須に到着。私は単独行動で大須を巡っていました。

まずは第一アメ横ビルへ。そう遠くないうちに新しいPCを買うつもりなので、いろいろ見て回っていました。
すると店員さんに声をかけられ、お勧めのPCを聞くことに。ボーカロイドを扱うならメモリが8GB(カスタマイズするなら16GB)のモデルがいいとアドバイスを受けました。一番安いので6万円台ですね。モニターやOffice、DAWソフトも購入したいし、それを合わせると10~15万円くらい必要でしょうか。頑張ってお金を貯めなければいけませんね。
あと、ヘッドホンも見てました。作曲用に1万円くらいのモニターヘッドホンが欲しいですね。これは楽器屋で買おうと思います。

続いてスーパーポテトへ行き、ファミコンの「プロ野球ファミリースタジアム 88年度版」を購入しました。100円と安価だったのと、今使っているROMカセットが壊れた時の予備として持っておきたかったので。88年度は南海、阪急のラストイヤーなので、思い入れの深い年です。近鉄でのプレイも勿論ですが、子供の頃は巨人ファンだったので巨人でもプレイしています。懐かしいですね。

そしてMEIKOYAへ寄り、今度はPSPの「ファイナルファンタジー4 コンプリートコレクション」を購入。FF4はストーリーも大好きなゲームだし、それに「THE AFTER YEARS」はまだ未プレイなので。PS移植版はクリアしましたが、PSP版もプレイしたいです。

まんだらけにも寄り、PS3の「アイドルマスター グラビアフォーユー Vol.3」を500円で購入。いや、雪歩がカバーガールだったのでついw 「グラビアフォーユー」に手を出すのは初めてですが、雪歩の可愛い姿を堪能したいです。

最後に第二アメ横ビルで、マイミクのおやびんさんお勧めの接点洗浄剤を買いました。これでファミコンROMカセットの手入れができますね。勧めてくださったおやびんさんに感謝です。

とまあ、そんなこんなで集合時刻になり、大須を後にしました。
充実した一日でしたね。朝から元気に動けたし、この調子を維持して明日の作業に臨みたいです。

17/03/11 中京競馬「金鯱賞」を観戦

2017年3月11日20:52 | カテゴリー: 04―00:雑記, 04―02:競馬(中央、地方、海外) | コメントをどうぞ

さて、今日(3/11)ですが、久々に中京競馬場へ足を運びました。
メインはG1「大阪杯」のステップレースであるG2「金鯱賞」ですね。
昼に中京競馬場へ着き、しばらくのんびりしていました。

そして、場内のオーロラビジョンで障害重賞(J・G2)「阪神スプリングジャンプ」を眺めていました。
昨年の「中山グランドジャンプ」と「中山大障害」を制したオジュウチョウサンが、好位から抜け出し勝利。その強さをまざまざと見せつけました。
まさにハードル競走の王者ですね。「中山グランドジャンプ」の連覇なるか、注目したいです。

そして、9レースが終わったあたりからパドックへ行き、「金鯱賞」のパドック周回が始まるのを待ちました。

1番人気に推されたヤマカツエースです。前走の「有馬記念」は4着。実績は抜群の馬です。

こちらも人気の一角、ステファノスです。
「天皇賞(秋)」と「香港カップ」で3着と、このメンバーでは実績上位ですね。

女傑ルージュバックもここに参戦。「毎日王冠」を勝った実績もあり、侮れない馬です。

「オークス」を制したヌーヴォレコルトも復活をかけてここに挑みます。

古豪サトノノブレスも、虎視眈々と上位を狙います。昨年の「金鯱賞」は3着。雪辱はなるでしょうか。

そしてスタンド前が混雑する前にパドックから引き揚げ、ウィナーズサークルの一番前を陣取りました。
発走を告げるファンファーレが終わった後には、ファンからも拍手や歓声が上がりましたね。この雰囲気がたまらないです。
私が競馬を現地で見るのにこだわるのも、その雰囲気を味わいたいからです。それに、サラブレッドも騎手も生で見ると本当に美しいです。

さて、レースはロードヴァンドールが逃げる形に。ヤマカツエースは中団につけました。そして直線でヤマカツエースが一気に抜け出し、2着に1 1/4馬身をつける完勝でした。「金鯱賞」連覇達成です。
2着は逃げたロードヴァンドールと、直線で一気に差したスズカデヴィアスとの争いになりましたが、写真判定の結果、ロードヴァンドールがハナ差で2着に粘りました。

優勝レイを掛けて口取りに向かうヤマカツエースです。1番人気に見事、応えてくれました。

優勝ジョッキーの池添謙一騎手です。オルフェーヴルで牡馬クラシック3冠を達成している一流ジョッキー。「大阪杯」でもヤマカツエースの手綱をとるでしょうね。

「金鯱賞」の表彰式を見届けてから、早いですが帰路に就きました。
今日も楽しい観戦でしたね。
「高松宮記念」は用事があって行けませんが、また夏の開催にでも足を運ぼうと思います。

さて来月は2回、笠松競馬場へ行く予定です。(「新緑賞」と「オグリキャップ記念」)
と、その前に名古屋競馬「名古屋大賞典」もありましたね。
中央競馬も春のG1戦線が始まりますが、地方競馬も楽しみたいですね。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.