16/07/24 中京競馬「中京記念」を観戦

2016年7月25日 21:00 | カテゴリー: 04―00:雑記, 04―02:競馬(中央、地方、海外) | コメントをどうぞ

さて7/24ですが、またも中京競馬場に足を運んでいました。

第5レースの新馬戦と、メインの「中京記念」を観戦するためです。

 

11:30くらいには競馬場に到着し、すぐさまパドックへ向かいました。

ちょうど新馬戦のパドック周回が始まる前でしたね。

 

新馬戦に間に合うように来た理由は、出走馬の中に仲間内のPOGで指名した馬が2頭いたからです。6番のエジステンツァと、11番のピスカデーラですね。

 

 

エジステンツァの父はキングカメハメハ。母もエリザベス女王杯を制したリトルアマポーラと、なかなかの良血です。

 

 

ピスカデーラは父ブラックタイド。目立つ血統ではないですが、力はありそうだと思い指名しました。

 

 

出走馬はこの通り。エジステンツァは最終的には6番人気、ピスカデーラは3番人気でした。

しかし、第4レースのこの荒れっぷりは一体……w

 

レースは1番人気に推されたクライムメジャーが勝ちました。ピスカデーラは3着と健闘。エジステンツァは8着でした。

2頭とも新馬勝ちはなりませんでしたが、なんとか未勝利で勝ち上がってほしいです。

 

新馬戦終了後は昼食を軽く済ませてからぶらぶらと。準メインが始まる頃にパドックへ戻り「中京記念」出走馬のパドック周回を待ちました。

 

 

1番人気に推されたダッシングブレイズです。重賞戦線で好走しているのが評価されましたね。

 

 

こちらも人気のダノンリバティ。名手・武豊騎手が騎乗します。

 

 

中京の3歳重賞「ファルコンS」を制したトウショウドラフタも人気の一角。得意の舞台で勝利を狙います。

 

 

昨年の覇者、スマートオリオンも虎視眈々と連覇を狙います。

 

 

ダッシングブレイズの本場馬入場の写真も撮れました。騎乗するのはクリストフ・ルメール騎手です。

 

さて「中京記念」レースはカオスモスが逃げる展開となりましたが、直線で追い込み勢が強襲。最後は福永祐一騎手騎乗のガリバルディが凄まじい末脚を見せ、勝利を収めました。

 

 

優勝レイを掛け、口取りへと向かうガリバルディです。

 

 

表彰式での福永祐一騎手です。福永騎手はこの土日で9勝を挙げ、今開催の中京リーディングのタイトルも獲得しました。

 

さて、夏開催最終日のお楽しみが、毎年恒例の芝コース開放です。実際に芝コース内に入って、直線走路を歩くことができます。15分~20分ほど待たされましたが、なんとか入場できました。

 

 

馬場内から直線走路を撮ってみました。いい眺めです。

 

 

残り200mの表示板もこんな近くで見れます。

 

 

ダートコースのゴール板もよく見えますね。

 

芝コースのゴール板は、人が群がってましたねw

 

さて中京開催も冬までないのはちょっと寂しいですが、「金鯱賞」あたりにでもまた見に来ようかと考えてます。それまでは笠松、名古屋に月一くらいは足を運ぼうと思います。

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。