16/07/03 中京競馬「CBC賞」を観戦

2016年7月3日22:43 | カテゴリー: 04―00:雑記, 04―02:競馬(中央、地方、海外) | コメントをどうぞ

さて7/3ですが、久々に中京競馬場へ足を運びました。メインレースの「CBC賞」を観戦するためです。

12時くらいに競馬場へ到着。晴れたり曇ったりの不安定な天候でしたが、それほど暑くはなかったです。

 

 

競馬場入り口から少し奥へ入ったところにある「木馬園」には、ミニチュアホースとポニーがいます。写真手前がミニチュアホースの「かぶと」君。柵の向こうにいるのがポニーの「ローズ」ちゃんです。

 

パドックを裏側から撮影した光景です。何気にターフィーが名古屋弁を使ってますねw

 

ちなみに電光掲示板を表から見ると、こんな風です。

 

私は中京競馬場に行くと、いつも馬場内遊園地でのんびりします。子供さん達の遊び場ですが、ここからしか見えない風景も好きでして。

 

馬場内遊園地へ向かう地下トンネルには、競馬に関するいろんなイラストが描かれています。いつもそれを目にしながら馬場内遊園地に向かいますが、その中でも私が印象に残っているのがこのイラスト。

競走馬は産まれてから母馬と過ごせるのは、ほぼ半年間だけ。それからはデビューに向けてみっちり訓練をすることになります。本当に競走馬は過酷な運命を背負って生きているんだなぁと感じます。

 

馬場内遊園地から見たゲートです。

 

馬場内遊園地にある低い丘から見たスタンドの風景です。左側の小さいスタンドには「ツインハット」右側の大きいスタンドには「ペガサス」と言う愛称が付けられています。

ちなみに「ペガサス」(大幅改修時に新設されたスタンド)には、マスコットキャラまでいます。

 

こんなのですがw 名前は「ペガスター」と言います。これは馬場内遊園地においてある像ですが、競馬開催時は着ぐるみも場内を歩いています。子供に人気があるかどうかは定かではないですがw

 

正面スタンド前に戻り、ふとレースを撮影してみました。(第9レース)

 

パドック近くにある左馬の石碑です。左馬(馬の字を反転させたもの)は縁起がいいとされますよね。私もあやかりたいです。

 

その後はパドックへ。10レースのパドック周回の最中から場所を取り「CBC賞」のパドック写真撮影に備えました。

 

「CBC賞」のパドック周回を待っていると、雀がパドックにやって来ました。思わず一枚。

 

やがて「CBC賞」のパドック周回が始まりました。

 

1番人気に推されたエイシンブルズアイ。「高松宮記念」5着が評価されてのことですね。

 

私が注目していたのはベルカントでした。暑い時期には滅法強く「夏女」の異名も持ちます。

 

2014年「スプリンターズS」覇者のスノードラゴンです。もう8歳になりましたが、まだまだ元気に走っています。

 

パドック周回が終わり、すぐに正面スタンド前へ。「CBC賞」のファンファーレが鳴ると、辺りは歓声に包まれました。

レースはベルカントが逃げる展開。そのまま直線で粘りましたが、ゴール直前でレッドファルクスとラヴァーズポイントに捉まり3着。惜しかったです。

 

勝ったレッドファルクスはこれが重賞初制覇。鞍上ミルコ・デムーロ騎手の好騎乗も光りましたね。

 

表彰式でのミルコ・デムーロ騎手もこの笑顔。会心の勝利でしたね。表彰式後はファンに対してのサインにも応じていました。

 

「名鉄杯」以来の中京競馬観戦でしたが、充実した観戦になりました。

今度は7/24の「中京記念」に余裕があれば行きたいなと思います。と、その前に7/13の笠松競馬「サマーカップ」が待ってますね。また笠松競馬場に行くのも楽しみです。

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。