より抜き「東海北陸公営競馬&荒尾競馬」(10/10/18~10/10/24)

2010年10月25日14:15 | カテゴリー: 02―00:公営競技支援, 02―03:より抜き「東海北陸公営競馬&荒尾競馬」 | コメントをどうぞ

それでは、先週の東海北陸公営競馬&荒尾競馬のまとめを。

名古屋競馬の本場開催は10/19~10/22まで行われました。
10/21に開催されました「トルマリンオープン[A1]」は重賞3勝のマイネルアラバンサが久々の競馬ながら勝利を収めました。名古屋転入後好調のマルカハンニバルを退けての勝利ですし、これは価値が高い1勝だと思います。

東海公営馬の遠征情報ですが、10/20に大井競馬場で行われました「TCKディスタフ[重賞]」に笠松のトウホクビジンとボニータシチーが出走しましたが、トウホクビジンは7着、ボニータシチーは10着という成績でした。
これにより、グランダム・ジャパン古馬シーズンは兵庫のキーポケットが27ptsで優勝。トウホクビジンは24ptsで3位に終わりました。

続いて金沢競馬。本場開催は10/19と10/24でした。
10/19に行われた「小松市制70周年記念特別[A2]」(北国王冠トライアル)は、大井から転入初戦のムーアイランドが勝利しました。「北国王冠」本番に向けて、良い滑り出しですね。

最後に荒尾競馬。本場開催は10/22でした。
10/22の九州地区交流「九州ジュニアグランプリ[重賞]」は、佐賀のリョウマニッポンが3連勝で重賞制覇を成し遂げました。2着も佐賀のキングでしたが、3着に荒尾のヌレエフクインが入り、荒尾勢では最先着でした。人気どころは佐賀勢でしたが、なんとか荒尾勢も意地を見せた格好ですね。
また、10/22の開催で杉村一樹騎手が通算1,000勝、尾林幸彦騎手が通算2,600勝を達成しました。おめでとうございます!

さて笠松競馬本場開催は今日10/25から。もうレースは進行してますね。
10/25の第10競走「日本ベンダーネット杯栗毛賞[C17]」は栗毛馬限定レースです。これまた面白そうですね。確かオグリキャップ記念の日に、芦毛馬・白毛馬限定のレースが笠松で開かれた記憶がありますが。
10/27~10/29も笠松で本場開催があります。皆様、ご期待下さい。

金沢競馬は10/26と10/31の開催。10/26には東海北陸地区交流「金沢城カップ[B級]」があります。
荒尾競馬は10/29の開催。この日から、九州競馬連携レースである「九州競馬スーパースプリント」が始まります。
まずは10/29荒尾「荒尾そーにゃ速かスプリント」が皮切りですね。注目しています。

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。