より抜き「東海北陸公営&荒尾競馬」(10/4~10/10)

2010年10月11日 09:37 | カテゴリー: 02―00:公営競技支援, 02―03:より抜き「東海北陸公営競馬&荒尾競馬」 | コメントをどうぞ

さて、まずは名古屋競馬の本場開催(10/5~10/8)に参りましょう。
10/5に行われた「キジバト特別[3歳1]」はスウィングダンスが好位から押し切って勝利。JRA交流「名古屋CCバナナ賞[3歳]」から3連勝ですね。
10/6の「サラ2歳特別[2歳1]」はナラセジンダイコが勝ち、ミサキティンバーが2着。とりあえずこの2頭は2歳勢ではかなり上を行っていそうですね。
10/8のメイン「オパールオープン[A1]」は逃げたマルカハンニバルの完勝。マイネルフォルザがきっちり2着を確保しました。まあ、これが順当な結果だと思います。しかし、特別レースながら好メンバーが揃いましたよね。レベルの高いレースでした。

続いて金沢競馬。本場開催は10/5と10/10に行われました。
10/5にはダートグレードレース「白山大賞典[Jpn3]」が行われました。勝ったのはJRAのパワーストラグルでしたが、2着に地元・金沢のジャングルスマイルが入りましたね。不良馬場も味方したと思いますが、これは大健闘でしょう。
笠松勢はエーシンエヴァンの7着が最高で、モエレダンスクインとプティフルリールは共に9着、11着と完敗でした。
10/10には「サラブレッド大賞典[重賞]」が開催され、1番人気に推されたナムラアンカーがぶっちぎって大勝利を収めました。2着以下は接戦となり、人気薄のマイネキラが2着に入って馬券は大きく荒れました。
しかしナムラアンカーは思った以上の強さを発揮しましたね。これから先も楽しめそうな馬です。

最後に荒尾競馬。本場開催は10/8でした。
メインの「有明海特別[A級]」を勝ったのは、今年の「九州王冠[重賞]」勝ち馬、ペプチドジャスパーでしたね。前走「大阿蘇賞[A級]」の敗戦から、見事に立て直してきました。「サファイアカップ[A級]」の勝ち馬、ミヤジレオンもしっかり2着を確保。荒尾A級は激しい争いが展開されてますね。今後も目が離せません。

それと、盛岡競馬で行われた「スーパージョッキーズトライアル(SJT)」で、荒尾所属の杉村一樹騎手が26ptsで第1ステージを優勝。見事トップに立ちましたね。
笠松所属の東川公則騎手は19ptsで4位、名古屋所属の岡部誠騎手は15ptsで7位です。どちらもいい位置につけてますね。
金沢所属の吉原寛人騎手は2ptsで14位と大きく離されてしまいましたが、巻き返しに期待しています。

もう一つ、女性騎手の頂上決戦「レディースジョッキーズシリーズ(LJS)」も、11/16から始まりますね。
東海公営からは名古屋所属の宮下瞳騎手、山本茜騎手。荒尾からは岩永千明騎手が今年も参戦予定です。
こちらも注目したいですね。

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。