10/10/03 中山競馬「スプリンターズステークス」予想

2010年10月2日23:49 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―01―00:予想, 05―01―01:中央G1予想 | コメントをどうぞ

さて、久々に中央G1の予想をしましょうか。
勘が鈍ってるかもしれませんが、予想は本気でやりましたので。

10/10/03 中山競馬 第11競走 芝1200m 16頭立て 15:40発走
「スプリンターズステークス」[G1]

・出馬表
http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201006040811&mode=shutuba

◎9番 ローレルゲレイロ[栗東](藤田 伸二[栗東])
○6番 グリーンバーディー[香港](M. デュプレシス[海外])
▲5番 ビービーガルダン[栗東](安藤 勝己[栗東])
△8番 ワンカラット[栗東](藤岡 佑介[栗東])
×7番 ウルトラファンタジー[香港](H. ライ[海外])
注15番 ジェイケイセラヴィ[美浦](江田 照男[美浦])

ローレルゲレイロは前走「キーンランドC」は斤量59kgと酷量を背負わされた事もあり、また不利もあって全く競馬にならなかった。今回は定量戦57kg、陣営もしっかり立て直してくるはず。とにかく実力は最上位、このメンバーなら主役。
グリーンバーディーは父系がデインヒルの系統、また母父はラストタイクーンと日本向きの血統。前走「セントウルS」では強烈な差し脚を披露した。成績も安定しており、上位は確実。
ビービーガルダンは前走「キーンランドC」の負けは斤量58kgの分か。敗れはしたものの、勝ったワンカラットに前へ行かれた分の差だと思う。2度続けてワンカラットの後塵を拝しているが、それほど力差はない。大舞台を多く経験しているだけに、ここは見直すべき。
ワンカラットは2走前「函館スプリントS」がなかなか良い内容。斤量に恵まれてたとは言え、一定の力はある。ここでも上位入線は見込めるはず。
ウルトラファンタジーは今回、ダークホースの筆頭。やや重い血統ではあるが、香港「スプリントC」でグリーンバーディーを負かしており、実力なら決して劣らない。
ジェイケイセラヴィは軽いスピードが武器。「キーンランドC」でワンカラットと差のない競馬をしており、「アイビスサマーダッシュ」でも高いスピード能力は証明済み。一定の力を出せば上位も脅かせる。

・馬券
単勝

馬連
9 - 5,6,7,8
ワイド
9 - 15
6点で勝負!

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。