9/23船橋 「日本テレビ盃」予想

2010年9月21日 07:28 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―01―00:予想, 05―01―02:地方ダートグレードレース予想 | コメントをどうぞ

さてこのレースが来ると、もうJBCも近いなと実感させられます。
今年のJBCは船橋。このレースの重要度は尚更ですね。

10/09/23 船橋競馬 第11競走 ダート1800m 14頭立て 16:15発走
「日本テレビ盃」[Jpn2]

・出馬表
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?k_raceDate=2010%2f09%2f23&k_raceNo=11&k_babaCode=19

◎7番 トランセンド[栗東] (藤田 伸二[栗東])
○10番 フリオーソ[船橋] (戸崎 圭太[大井])
▲2番 スマートファルコン[栗東] (武 豊[栗東])
△6番 ボンネビルレコード[大井] (的場 文男[大井])

トランセンドは前走「東海ステークス」で、後に「ブリーダーズゴールドカップ」を制覇したシルクメビウスと差のない2着。「レパードステークス」で重賞勝ちの実績もあり、またタイムも優秀なのでここでも期待できる。レース間隔は開いているが、鉄砲駆けを2度決めているこの馬にとっては何の問題もない。ここは頭で。
フリオーソは前走の帝王賞で久々の勝利。得意の南関東コースで再び輝く。こちらも休み明けだが、この馬にとってはそれほど苦にならないはず。
スマートファルコンは前走、帝王賞はG1の壁に跳ね返された格好。力はあるが、一度躓いてしまっただけに立て直すには少し時間がかかりそうか。今回は主戦の岩田が負傷のため鞍上に武豊を迎えたが、テン乗りだけに不安は残る。ここは単穴止まり。
ボンネビルレコードは地味な存在だが地力はあり、侮れない。過去の「日本テレビ盃」でも勝鞍があり、また「かしわ記念」も制していることから、コース実績も抜群。ここでも。

単勝

三連単(1頭軸[1着固定])
7 → 2,6,7,10 → 2,6,7,10
7点で勝負!

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。