一つの時代が終わり、そしてまた新しい時代が幕を開ける

2010年7月4日03:45 | カテゴリー: 04―00:雑記, 04―02:競馬(中央、地方、海外) | コメントをどうぞ

7/2名古屋競馬「琴吹紬様のお誕生日記念」の観戦記は明日以降にします。
(写真をまとめたりとか、記事を書く準備が整っていないので。やっぱり観戦記はきちっと書きたいですからね)

さてご存知の方も多いと思いますが、昨日7/3に「芦毛の怪物」として人気を博した名馬、オグリキャップがこの世を去りました。享年25歳。
あまりに突然だったこともありますし、東海公営競馬、その中でも笠松競馬を特に贔屓にしている私としては、今回の出来事は非常にショックですし、とても寂しいです。心に風穴が空いてしまったというか……

笠松競馬場でデビューし、後に中央入りして一躍スターホースとなったオグリキャップは間違いなく笠松の誇りであり、そして象徴的名馬である。それは疑いようのないことですよね。彼がこの世を去ったことで、一つの時代が終わりを告げた……そんな気がします。

そしてまた、新しい時代の幕が開かれようとしていますね。

今日の函館スプリントステークスに、笠松競馬所属のラブミーチャンが出走します。鞍上は主戦の濱口楠彦騎手。初の芝挑戦となったフィリーズレビューでは大敗しましたが、今回は直線平坦の1200m、古馬が相手ですが、斤量も51kgですし、前走の北海道スプリントカップでも古馬相手に3着と善戦している実績があります。僅かながらもチャンスはあると見てますね、私は。

オグリキャップからラブミーチャンへ、笠松競馬の栄光と未来が今、託されようとしています。函館という遠い地で行われる一戦ですが、私はそれをしっかりと見届けようと思います。

広告

コメントする »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.
Entriesコメント feeds.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。