ご挨拶

2010年2月9日 19:00 | カテゴリー: 06―00:メッセージ | コメントを残す

画像作成:ウミハラさん
TOP画像の無断転載、配布はご遠慮ください。

はじめましての方もそうでない方も、こんにちは。アトモスPと申します。

このブログは、痛レース(アイマス冠協賛レース)など、公営競技(主に競馬)の予想、情報を中心に紹介する場でした。
今後は地方競馬を中心とした情報や観戦記などをお届けする場としたいです。
アイマスシリーズのプレイ日記も逐一UPしていきます。

ブログタイトルの「NOT STRAIGHT」は、ラグビーにおける反則行為の一つ「ノットストレート」から。
情報以外の雑記はちょっとヒネた感じで書けたらいいなという思いを、ブログタイトルに込めてたりします。
(XBOX360版アイマスのED曲である「まっすぐ」とも引っかけてたり)

私の自己紹介については別ページにて。

私自身も細々と動画作成をしていますので、そちらの方も紹介していきたいと思います。
(現在は動画作成の活動は休止中)

このブログに関するご意見などは、下記のメールアドレスへどうぞ。
atmosphere9866*live.jp(”*”をアットマークに変えてください)

アイマスや痛レースの情報も随時ピックアップしていくつもりなので、そちらの方もよろしくお願い申し上げます。

21/12/05 中京競馬「チャンピオンズカップ」結果

2021年12月5日 23:30 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―02―00:結果, 05―02―01:中央G1結果 | コメントを残す

21/12/05 中京競馬 第11競走 ダート1800m 16頭立て 15:30発走
「チャンピオンズカップ」[G1]

1着 ◎6 テーオーケインズ(松山弘平)
2着 ○13 チュウワウィザード(戸崎圭太)
3着 11 アナザートゥルース(坂井瑠星)
4着 4 インティ(武豊)
5着 3 サンライズノヴァ(松若風馬) 

馬券:トリガミ(馬連6-13 [610円])

テーオーケインズが直線を向いて一気に他馬を突き放し、6馬身差の圧勝ですね。今年の「帝王賞」に次ぐG1・2勝目です。

昨年の覇者・チュウワウィザードがなんとか2着は死守。3着に人気薄のアナザートゥルースが残り、ワイド、三連複、三連単は高配当となりました。

白毛のアイドルホース、ソダシは果敢に逃げたものの、直線で後退し12着と惨敗でした。やはり初ダートは厳しかったかもですね。

21/12/05 中京競馬「チャンピオンズカップ」予想

2021年12月5日 13:26 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―01―00:予想, 05―01―01:中央G1予想 | コメントを残す

21/12/05 中京競馬 第11競走 ダート1800m 16頭立て 15:30発走
「チャンピオンズカップ」[G1]

◎6 テーオーケインズ(松山弘平)
○13 チュウワウィザード(戸崎圭太)
▲1 ソダシ(吉田隼人)
△16 カフェファラオ(クリストフ・ルメール)
△7 サンライズホープ(幸英明)
△15 メイショウハリオ(浜中俊)

本命はテーオーケインズ。
前走「JBCクラシック」は4着敗退も、久々の分と慣れない金沢コースの影響とみる。
1800mも得意で、この馬が一番手。

対抗はチュウワウィザード。
久々の「JBCクラシック」は3着だったが上々の内容。
「ドバイワールドカップ」2着と実績は最上位で、上積みある今回は更なる躍進も。

単穴はソダシ。
初ダートだが、父クロフネはダートで圧倒的なパフォーマンスを見せただけに対応できる可能性は十分。
「札幌記念」で2000mを克服していることから距離も問題ない。

連下はカフェファラオ、サンライズホープ、メイショウハリオ。
カフェファラオは中央ダートで良績あり。鞍上ルメールも心強い。
サンライズホープは目下の好調さを買う。
メイショウハリオはオープンでも好走しており、連に絡む可能性は十分。

馬連ボックス
1,6,7,13,15,16

15点で勝負!

21/11/30 名古屋競馬「ゴールドウィング賞」結果

2021年11月30日 22:04 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―02―00:結果, 05―02―03:地方重賞レース結果 | コメントを残す

21/11/30 名古屋競馬 第11競走 ダート1600m 12頭立て 15:35発走
「ゴールドウィング賞」[重賞]

1着 ○11 ドミニク(向山牧)
2着 6 シノジマニヨラサイ(戸部尚実)
3着 ◎10 レイジーウォリアー(丸野勝虎)
4着 3 ミトノオオイ(岡部誠)
5着 △8 ゴールドスノー(友森翔太郎)

馬券:ハズレ

ドミニクが中断待機から差し切り、重賞制覇を果たしました。
2着には人気薄のシノジマニヨラサイが突っ込み、波乱の結果ですね。
レイジーウォリアーは3着まで。ミトノオオイとパピタが互いにハナを主張し、激しいレースになった印象です。

21/11/30 名古屋競馬「ゴールドウィング賞」予想

2021年11月29日 23:23 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―01―00:予想, 05―01―03:地方重賞レース予想 | コメントを残す

21/11/30 名古屋競馬 第11競走 ダート1600m 12頭立て 15:35発走
「ゴールドウィング賞」[重賞]

◎10 レイジーウォリアー(丸野勝虎)
○11 ドミニク(向山牧)
▲12 エムエスムーン(村上弘樹)
△9 パピタ(丹羽克輝)
△8 ゴールドスノー(友森翔太郎)

本命はレイジーウォリアー。
前走は今回と同コースの「セレクトゴールド第5戦」を勝利しており、最も信頼がおける馬。走るごとに力をつけている印象で、ここでも。

対抗はドミニク。
前走「ラブミーチャン記念」で地元馬最先着の3着と健闘。時計がかかる名古屋の馬場では未知数も、実力は上位だろう。

単穴はエムエスムーン。
ここ4戦はすべて馬券圏内に入っており、前走はレイジーウォリアーに0.4秒差で敗れたものの、逆転も可能。

連下はパピタ、ゴールドスノー。
パピタは堅実さが身の上で、特別戦でも好走している。すんなりハナを切れれば勝ち負けも。
ゴールドスノーは初マイルも、「セレクトゴールド第4戦」でパピタに勝利。ここでも。

馬連流し
10-8,9,11,12

4点で勝負!

21/11/28 東京競馬「ジャパンカップ」結果

2021年11月28日 20:52 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―02―00:結果, 05―02―01:中央G1結果 | コメントを残す

21/11/28 東京競馬 第12競走 芝2400m 18頭立て 15:40発走
「ジャパンカップ」[G1]

1着 ◎2 コントレイル(福永祐一)
2着 ▲7 オーソリティ(クリストフ・ルメール)
3着 ○4 シャフリヤール(川田将雅)
4着 12 サンレイポケット(鮫島克駿)
5着 6 グランドグローリー(クリスチャン・デムーロ)

馬券:トリガミ(馬連2-7 [530円])

コントレイルが中団待機策から直線で抜け出し、見事な勝利を収めました。
引退レースを勝ち、有終の美を飾りましたね。
オーソリティも初めてのG1連対で、力をつけていることを証明。
今年の「日本ダービー」馬、シャフリヤールも3着で平穏な決着でした。
外国馬はグランドグローリーの5着が最高でしたね。

21/11/28 東京競馬「ジャパンカップ」予想

2021年11月28日 01:12 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―01―00:予想, 05―01―01:中央G1予想 | コメントを残す

21/11/28 東京競馬 第12競走 芝2400m 18頭立て 15:40発走
「ジャパンカップ」[G1]

◎2 コントレイル(福永祐一)
○4 シャフリヤール(川田将雅)
▲7 オーソリティ(クリストフ・ルメール)
△3 ブルーム(ライアン・ムーア)
△9 アリストテレス(横山武史)

本命はコントレイル。
ここが引退レースということで、陣営もしっかり仕上げてきている。本来は2000m向きだろうが「日本ダービー」を勝っているだけに対応はできるはず。内枠に入ったのも有利に働くだろう。

対抗はシャフリヤール。
前走「神戸新聞杯」は4着に敗れたが、重馬場だったので言い訳はつく。「日本ダービー」でエフフォーリアを破った実績を尊重。

単穴はオーソリティ。
前走「アルゼンチン共和国杯」連覇からここに参戦。G1ではこれまで勝てていないが、鞍上ルメールとは2戦2勝というデータも心強い。

連下はブルーム、アリストテレス。
ブルームは前走「BCターフ」で2着とアメリカの高速馬場に対応。外国馬3頭の中では実績随一で、鞍上が世界的名手のムーアというのもプラス材料。
アリストテレスは前走「京都大賞典」で2着と復調気配。距離も問題なく、上位に食い込める可能性は十分ある。

馬連ボックス
2,3,4,7,9

10点で勝負!

21/11/24 笠松競馬「笠松グランプリ」結果

2021年11月24日 23:47 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―02―00:結果, 05―02―03:地方重賞レース結果 | コメントを残す

21/11/24 笠松競馬 第10競走 ダート1400m 12頭立て 15:45発走
「笠松グランプリ」[重賞]

1着 ○4 ダノングッド(多田羅誠也)
2着 ◎3 コパノフィーリング(森泰斗)
3着 12 アザワク(桑村真明)
4着 9 コウエイアンカ(大山真吾)
5着 7 タイセイサクセサー(岡部誠)

馬券:トリガミ(馬連3-4 [480円])

アザワクが逃げ、ダノングッドとコパノフィーリングが追う展開に。
直線では上位2頭の争いになりましたが、ダノングッドが外から伸びて1着でゴール。2着はコパノフィーリング、3着は逃げたアザワクが粘りました。
馬券圏内は他地区の馬が占めましたが、地元・笠松の所属馬はタイセイサクセサーが5着と健闘ですね。

21/11/24 笠松競馬「笠松グランプリ」予想

2021年11月24日 00:04 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―01―00:予想, 05―01―03:地方重賞レース予想 | コメントを残す

21/11/24 笠松競馬 第10競走 ダート1400m 12頭立て 15:45発走
「笠松グランプリ」[重賞]

◎3 コパノフィーリング(森泰斗)
○4 ダノングッド(多田羅誠也)
▲6 トミケンシャイリ(今井貴大)
△8 メイソンジュニア(戸部尚実)

本命はコパノフィーリング。
元中央オープン馬で、南関東でも重賞を制するなど実績は随一。距離延長も問題ないとみる。

対抗はダノングッド。
こちらも元中央オープン馬で、地元・高知のみならず、園田や名古屋でも重賞を勝っており、ここでも上位争いできるはず。距離もこれくらいがベストとみる。

単穴はトミケンシャイリ。
前走「楠賞」は敗れたものの、その前の「秋の鞍」でイグナイターを撃破している。笠松コースは初出走になるが、上手く対応できれば。

連下はメイソンジュニア。
「東海桜花賞」2着や「ゴールド争覇」3着など、重賞でも好走できる実力の持ち主。人気以上に走ることもある馬で、注意が必要。

単勝
3

馬連ボックス
3,4,6,8

7点で勝負!

21/11/21 阪神競馬「マイルチャンピオンシップ」結果

2021年11月22日 00:58 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―02―00:結果, 05―02―01:中央G1結果 | コメントを残す

21/11/21 阪神競馬 第11競走 芝1600m 16頭立て 15:40発走
「マイルチャンピオンシップ」[G1]

1着 ◎12 グランアレグリア(クリストフ・ルメール)
2着 ○3 シュネルマイスター(横山武史)
3着 13 ダノンザキッド(川田将雅)
4着 ▲7 インディチャンプ(福永祐一)
5着 1 ホウオウアマゾン(坂井瑠星)

馬券:的中(馬連3-12、370円)

ラストランのグランアレグリアが直線で差し切り、有終の美を飾りました。先週とは打って変わり、平穏な決着でしたね。
シュネルマイスターやダノンザキッドと3歳馬が2,3着を確保し、この世代のレベルを証明した形です。特に「皐月賞」で惨敗だったダノンザキッドはマイルでめどが立ちそうですね。

21/11/21 阪神競馬「マイルチャンピオンシップ」予想

2021年11月21日 14:40 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―01―00:予想, 05―01―01:中央G1予想 | コメントを残す

21/11/21 阪神競馬 第11競走 芝1600m 16頭立て 15:40発走
「マイルチャンピオンシップ」[G1]

◎12 グランアレグリア(クリストフ・ルメール)
○3 シュネルマイスター(横山武史)
▲7 インディチャンプ(福永祐一)

本命はグランアレグリア。
マイル戦で成績が安定しており、一番安定感がある。「天皇賞(秋)」は3着に敗れたが、巻き返しの可能性は十分。

対抗はシュネルマイスター。
前走「毎日王冠」で「安田記念」の覇者ダノンキングリーを破り、力をつけていることを証明。3歳馬だけに伸びしろに期待したい。

単穴はインディチャンプ。
かつてマイルG1を席巻した古豪で、それほど力落ちもない。福永祐一騎手とのコンビも心強い。

馬連BOX
3,7,12

3点で勝負!

21/11/19 名古屋競馬「東海菊花賞」結果

2021年11月19日 22:06 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―02―00:結果, 05―02―03:地方重賞レース結果 | コメントを残す

21/11/19 名古屋競馬 第10競走 ダート1900m 12頭立て 15:55発走
「東海菊花賞」[重賞]

1着 △7 ナムラマホーホ(戸部尚実)
2着 ▲5 チャイヤプーン(松井伸也)
3着 10 タイガーアチーヴ(大畑雅章)
4着 9 カミルレ(山田祥雄)
5着 ○8 シーアフェアリー(岡部誠)

馬券:ハズレ(タテ目)

ナムラマホーホがメンバー中最速の上りで差し切りましたね。チャイヤプーンも直線で伸びてきましたが2着まで。3着に逃げたタイガーアチーヴが粘りこみました。
私が本命にしたコスモバレットは前目につけたものの、直線ではもう余力が残ってませんでしたね。

21/11/19 名古屋競馬「東海菊花賞」予想

2021年11月18日 22:49 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―01―00:予想, 05―01―03:地方重賞レース予想 | コメントを残す

21/11/19 名古屋競馬 第10競走 ダート1900m 12頭立て 15:55発走
「東海菊花賞」[重賞]

◎12 コスモバレット(田中学)
○8 シーアフェアリー(岡部誠)
▲5 チャイヤプーン(松井伸也)
△7 ナムラマホーホ(戸部尚実)
△6 トーセンレビュー(丸野勝虎)

本命はコスモバレット。
地元重賞では足らないが、前々走、前走の特別を逃げて圧勝しており、ここでも魅力は十分。

対抗はシーアフェアリー。
名古屋のみならず園田、金沢、佐賀などの重賞でも好走しており、無視できない一頭。

単穴はチャイヤプーン。
道営からの参戦。岩手などで重賞を勝っており、実績は十分。

連下はナムラマホーホ、トーセンレビュー。
ナムラマホーホは同コースの「名港盃」を勝っているし、「ベイスプリント」でスピードも披露。ここでも。
トーセンレビューは南関東からの参戦。地元重賞では苦戦も「東海桜花賞」を制しているこのコースなら。

単勝
12

馬連流し
12-5,6,7,8

5点で勝負!

21/11/14 阪神競馬「エリザベス女王杯」結果

2021年11月14日 19:24 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―02―00:結果, 05―02―01:中央G1結果 | コメントを残す

21/11/14 阪神競馬 第11競走 芝2200m 17頭立て 15:40発走
「エリザベス女王杯」[G1]

1着 16 アカイイト(幸英明)
2着 5 ステラリア(松山弘平)
3着 2 クラヴェル(横山典弘)
4着 11 ソフトフルート(岩田望来)
5着 △4 イズジョーノキセキ(和田竜二)

馬券:ハズレ

伏兵アカイイトが一気に差し切り、女王の座を手にしました。これがキズナ産駒のG1初制覇ですね。
2着のステラリアもキズナ産駒で、1-2フィニッシュ達成です。
3着のクラヴェルは「エリザベス女王杯」3着馬、ディアデラマドレの仔ですね。祖母のディアデラノビアも3着馬ですし、歴史は繰り返すのでしょうか。

レイパパレは6着、アカイトリノムスメは7着、ウインマリリンは16着と3強は総崩れのレースになりましたね。さすがにここまで荒れるのは想定していませんでした。

21/11/14 阪神競馬「エリザベス女王杯」予想

2021年11月13日 22:07 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―01―00:予想, 05―01―01:中央G1予想 | コメントを残す

21/11/14 阪神競馬 第11競走 芝2200m 17頭立て 15:40発走
「エリザベス女王杯」[G1]

◎3 アカイトリノムスメ(戸崎圭太)
〇9 ウインマリリン(横山武史)
▲1 レイパパレ(クリストフ・ルメール)
△15 ウインキートス(丹内祐次)
△4 イズジョーノキセキ(和田竜二)

本命はアカイトリノムスメ。
前走「秋華賞」で牝馬三冠の最後の一冠を手にした実力は本物。「オークス」2着と距離も問題ない。

対抗はウインマリリン。
前走「オールカマー」で牡馬を一蹴した。先行力あり魅力的な一頭。

単穴はレイパパレ。
2000m以下でしか勝ち鞍がなく、距離の不安は残るが「大阪杯」でクラシック三冠馬コントレイルを破った実績の持ち主。最内枠を活かせれば。

連下はウインキートス、イズジョーノキセキ。
ウインキートスは「目黒記念」の勝ち馬。前走「オールカマー」も2着と、この距離で魅力。
イズジョーノキセキは条件馬だが、距離、コース共に向きそう。

単勝
3

馬連流し
3-1,4,9,15

5点で勝負!

21/11/03 金沢競馬「JBC、Jpn1競走」結果

2021年11月3日 18:39 | カテゴリー: 05―02―00:結果, 05―02―02:地方ダートグレードレース結果 | コメントを残す

21/11/03 金沢競馬 第8競走 ダート1500m 12頭立て 14:15発走
「JBCレディスクラシック」[Jpn1]

1着 6 テオレーマ(川田将雅)
2着 ▲3 マドラスチェック(斎藤新)
3着 △4 リネンファッション(武豊)
4着 ◎8 レーヌブランシュ(松山弘平)
5着 10 ラインカリーナ(山本聡哉)

馬券:ハズレ

ここはテオレーマの完勝でしたね。前に行く馬を焦らず見て、4コーナーからの仕掛けでしっかり前をとらえました。川田将雅騎手も臆せず乗ったと思います。
マドラスチェックはスタートがスムーズでなかったものの、先行策からの粘り込みで力のある所を見せましたね。
リネンファッションは武豊騎手が内を選択し、直線で末脚を見せ3着に粘り込みました。
レーヌブランシュは直線で伸びを欠き4着。サルサディオーネは逃げるも10着に敗退ですね。

21/11/03 金沢競馬 第9競走 ダート1400m 12頭立て 15:00発走
「JBCスプリント」[Jpn1]

1着 ▲12 レッドルゼル(川田将雅)
2着 △5 サンライズノヴァ(吉原寛人)
3着 7 モズスーパーフレア(松若風馬)
4着 2 モジアナフレイバー(真島大輔)
5着 ○1 リュウノユキナ(柴田善臣)

馬券:トリガミ(馬連5-12、930円的中)

レッドルゼルが内から差し切り、川田将雅騎手はJpn1連勝ですね。
サンライズノヴァも内に進路を取り、いい末脚を見せて2着確保。
逃げたモズスーパーフレアは3着に粘り、馬券圏内に入りました。
アランバローズはいいところなく10着に沈みましたね。

21/11/03 金沢競馬 第10競走 ダート2100m 12頭立て 16:20発走
「JBCクラシック」[Jpn1]

1着 7 ミューチャリー(吉原寛人)
2着 ▲3 オメガパフューム(ミルコ・デムーロ)
3着 〇1 チュウワウィザード(戸崎圭太)
4着 ◎4 テーオーケインズ(松山弘平)
5着 8 ケイティブレイブ(内田博幸)

馬券:ハズレ

船橋・ミューチャリーがオメガパフューム、チュウワウィザードと言ったG1馬を完封し、地方所属馬初のJBCクラシック勝利を成し遂げました。吉原寛人騎手の騎乗も光りました。
テーオーケインズはスタートで出遅れ、すぐに先団につけたものの直線ではもう余力が残っていませんでしたね。
カジノフォンテンとダノンファラオは共に先頭を争ったものの、ここでは及ばなかったですね。

21/11/03 金沢競馬「JBC、Jpn1競走予想」

2021年11月2日 20:57 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―01―02:地方ダートグレードレース予想 | コメントを残す

21/11/03 金沢競馬 第8競走 ダート1500m 12頭立て 14:15発走
「JBCレディスクラシック」[Jpn1]

◎8 レーヌブランシュ(松山弘平)
〇2 サルサディオーネ(矢野貴之)
▲3 マドラスチェック(斎藤新)
△4 リネンファッション(武豊)
△5 ハクサンアマゾネス(吉原寛人)

本命はレーヌブランシュ。
前哨戦「レディスプレリュード」快勝。地方ダートは合うし、血統的にこの距離でも対応できそう。鞍上・松山の時に好走する傾向があるのも心強い。

対抗はサルサディオーネ。
前走「日本テレビ盃」で牡馬を撃破したし、初の金沢コースに対応できれば勝機も十分ある。

単穴はマドラスチェック。
前走、芝の「巴賞」は敗れたが、ダート実績は十分。鞍上・斎藤新がビッグタイトルを手にするか。

連下にリネンファッション、ハクサンアマゾネス。
リネンファッションは「スパーキングレディーカップ」「ブリーダーズゴールドカップ」を続けて2着。勝ち切らなくとも連に絡む可能性は十分。
ハクサンアマゾネスは地元、金沢の馬。重賞を連勝しているし、地の利を活かせれば。

馬連ボックス
2,3,4,5,8

10点で勝負!

21/11/03 金沢競馬 第9競走 ダート1400m 12頭立て 15:00発走
「JBCスプリント」[Jpn1]

◎4 アランバローズ(左海誠二)
○1 リュウノユキナ(柴田善臣)
▲12 レッドルゼル(川田将雅)
△5 サンライズノヴァ(吉原寛人)
△10 ベストマッチョ(森泰斗)

本命はアランバローズ。
前走の「オーバルスプリント」は3着に敗れたが、使われつつ調子を上げるタイプ。一叩きしての一変に期待。距離も問題ないはず。

対抗はリュウノユキナ。
短距離での安定感を買う。距離さえこなせれば勝ち切ることも可能と見る。

単穴はレッドルゼル。
「フェブラリーステークス」4着、「ドバイゴールデンシャヒーン」2着と実績は随一。前哨戦の「東京盃」は3着だったがそれほど差はなく、ここでも上位争いできる。

連下はサンライズノヴァ、ベストマッチョ。
サンライズノヴァはこのところ苦戦が続いているが、1400mで実績があり見過ごせない。
ベストマッチョはダートグレード競走でも好走実績があり、見劣らない。穴馬として魅力的な一頭。

馬連ボックス
1,4,5,10,12

10点で勝負!

21/11/03 金沢競馬 第10競走 ダート2100m 12頭立て 16:20発走
「JBCクラシック」[Jpn1]

◎4 テーオーケインズ(松山弘平)
〇1 チュウワウィザード(戸崎圭太)
▲3 オメガパフューム(ミルコ・デムーロ)
△9 カジノフォンテン(張田昂)
△5 ダノンファラオ(横山武史)

本命はテーオーケインズ。
3連勝で「帝王賞」を制覇し、充実一途。力をつけており、ここは見逃せない。

対抗はチュウワウィザード。
「ドバイワールドカップ」で2着と実績上位。前走の「帝王賞」6着は海外遠征帰りということで度外視。力はある。

単穴はオメガパフューム。
大井巧者だが前走の「帝王賞」で初めて連を外した。力落ちの不安もあるが、まだまだやれるはず。

連下はカジノフォンテン、ダノンファラオ。
カジノフォンテンは先行力があり、気分よく前に行ければ。
ダノンファラオはムラ駆け傾向があるが、実力は上位と遜色ない。

単勝
4

馬連流し
4-1,3,5,9

5点で勝負!

21/10/31 東京競馬「天皇賞(秋)」結果

2021年10月31日 17:11 | カテゴリー: 05―02―00:結果, 05―02―01:中央G1結果 | コメントを残す

21/10/31 東京競馬 第11競走 芝2000m 16頭立て 15:40発走
「天皇賞(秋)」[G1]

1着 ◎5 エフフォーリア(横山武史)
2着 ▲1 コントレイル(福永祐一)
3着 ○9 グランアレグリア(クリストフ・ルメール)
4着 8 サンレイポケット(鮫島克駿)
5着 △15 ヒシイグアス(松山弘平)

馬券:トリガミ(馬連1-5、390円的中)

終わってみれば3強が馬券圏内独占の堅い決着でした。

エフフォーリアは「日本ダービー」2着の無念を晴らす勝利ですね。コントレイルも3冠馬の意地を見せました。グランアレグリアは3着入線も、やはり2000mは長かったでしょうか。

連下に指名した馬はヒシイグアスの5着が最高でした。3着以内ならと思いましたが、さすがにここは上位の馬が強かったです。

21/10/31 東京競馬「天皇賞(秋)」予想

2021年10月31日 15:06 | カテゴリー: 05―00―00:冠協賛レース以外の競馬予想、結果, 05―01―00:予想, 05―01―01:中央G1予想 | コメントを残す

21/10/31 東京競馬 第11競走 芝2000m 16頭立て 15:40発走
「天皇賞(秋)」[G1]

◎5 エフフォーリア(横山武史)
○9 グランアレグリア(クリストフ・ルメール)
▲1 コントレイル(福永祐一)
△6 トーセンスーリヤ(横山和生)
△4 ポタジェ(川田将雅)
△14 カレンブーケドール(戸崎圭太)
△15 ヒシイグアス(松山弘平)
△2 カデナ(田辺裕信)
△13 ペルシアンナイト(大野拓弥)

レベルの高い3歳世代で「皐月賞」1着、「日本ダービー」2着の実績を残すエフフォーリアを本命に。
2000mはベストで、斤量56kgも有利に働くはず。

対抗はグランアレグリア、単穴はコントレイルに。どちらも実績は抜けており、上位争いは必至。

連下は手広く。1,2着は3強でほぼ決まりだろうが、3着に人気薄が突っ込めば馬券的に妙味も。

馬連
5 – 1,9

ワイド
5 – 2,4,6,13,14,15

複勝
4

9点で勝負!

21/05/06 「ウイニングポスト9 2021」日記その1

2021年5月6日 02:31 | カテゴリー: 未分類 | コメントを残す

さて、PS4版の「ウイニングポスト9 2021」を少しずつ進めているので、今年も日記をしたためたいと思います。
なお、ゲーム開始は1984年にしました。シンボリルドルフがクラシックを走る年ですね。

◎1984年7月1週

○競走馬

・ダイナシュガー(父ノーザンテースト 母サンドラターフ)

最初に選んだ3歳馬はこの馬にしました。レースで勝つことよりも、引退後に繁殖牝馬として活躍させるのが優先ですね。
まずは牝馬クラシック路線に挑ませましたが「オークス」で殿負けを喫するなど厳しい戦いを強いられました。
まずは自己条件(2勝クラス)を勝つことが第一目標ですね。

・ブラックスキー(父マルゼンスキー 母スタームーン)

初期の2歳馬はこの馬にしました。
函館の新馬戦でデビュー予定です。

○幼駒

・ユウミロク(父カツラノハイセイコ 母リュウアコンバット)

緑札を使い、庭先取引で購入しました。
この馬も繁殖牝馬にして、ユウセンショウなどを生産したいですね。

○繁殖牝馬

・タニノテスコ(父テスコボーイ 母プロミシング)

まず1年目はコリムスキーを種付し、無事に受胎しました。

○種牡馬

・サンエイソロン(父パーソロン 母ヤマトシャルダン)

初期種牡馬として購入しました。

今回はこんなところですね。
ゲーム内のターンで半年区切りを目安に、今後も日記を書いていきたいと思います。

19/04/25 笠松競馬「オグリキャップ記念」を観戦

2019年4月26日 20:18 | カテゴリー: 04―00:雑記, 04―02:競馬(中央、地方、海外) | コメントを残す

さて昨日(4/25)ですが、また笠松競馬場に足を運んでいました。
メインは重賞「オグリキャップ記念」です。2500mとスタミナが試されるレースですね。

当日は少し起きるのが遅かったので昼食はカップ麺で手早く済ませ、昼過ぎに笠松競馬場に到着。小腹が空いたので一本100円のから揚げ串を食べました。

オグリキャップのパネルを一枚。笠松が生んだアイドルホースですね。オグリキャップが活躍していた時に私はまだ小学生でしたが、名前だけは憶えていました。
笠松デビューの馬が「有馬記念」を制するなんて、本当に夢みたいな話ですね。

場内に飾ってあったポスターも撮りました。

「オグリキャップ記念」と「天皇賞(春)」の予想会に出演されていた「アンカツ」こと安藤勝己さん(元笠松・中央騎手)です。
なかなかユーモラスな方で、テレビの競馬中継にも時々ゲストとして出演されています。

「岩手馬」という横断幕は初めて見ました。「オグリキャップ記念」に出走する岩手・エンパイアペガサスの応援ですね。
「馬」が左馬になっているのはゲン担ぎですね。左下に小さく書いてあるのは、井上オークスさんのサインでしょうか。

誘導馬エクスペルテは今日も元気です。

第9レース「蓮華草賞」(C-7)に出走していた笠松・ヒカリチャンです。レースは4着でしたが、次につながるレースだったと思います。

そんなこんなでメインの第10レース「オグリキャップ記念」のパドック周回が始まりました。

1番人気に支持された佐賀・グレイトパールです。
かつては中央に在籍し、グレードレース2勝を誇る馬です。実績では一番ですね。

愛知・カツゲキキトキトは正月の「名古屋記念」から脚部不安で休養し、ここが復帰戦でした。東海公営のエースの座を賭けたレースですね。

兵庫・メイショウオオゼキも虎視眈々と勝利を狙います。
2400mの園田競馬「六甲杯」で2着に入っているので、長距離でも問題なしですね。

金沢・グルームアイランドは2016年の「オグリキャップ記念」勝ち馬。2勝目を狙います。

岩手・エンパイアペガサスは昨年の「オグリキャップ記念」勝ち馬。連覇を狙います。

愛知・メモリージルバは笠松巧者。問題は距離だけですね。

グレイトパールには佐賀・鮫島克也騎手が騎乗します。佐賀のトップジョッキーですね。

メイショウオオゼキには兵庫・笹田知宏騎手が騎乗します。笠松コースは初騎乗だと思うので、腕が試されるレースでしたね。

グルームアイランドには金沢・青柳正義騎手が騎乗します。東海公営にもたまに乗りにきますね。

エンパイアペガサスには岩手・菅原俊吏騎手が騎乗します。岩手県生まれで、オーストラリアで見習い騎手として騎乗した経歴を持ちます。

笠松・キタノイットウセイとカツゲキキトキトの返し馬です。キタノイットウセイには愛知・宮下瞳騎手。カツゲキキトキトには愛知・大畑雅章騎手が騎乗します。

パドック周回と返し馬の写真を撮るのが終わり、正面スタンドでカスPと再会。レースが始まるまで競馬談議に花を咲かせていました。

そして「オグリキャップ記念」のファンファーレが鳴り響き、発走の時を迎えました。

レースは川崎・ガヤルドが逃げ、カツゲキキトキトが2番手で追う展開。メイショウオオゼキ、グルームアイランド、エンパイアペガサスといった人気どころは中団に控える競馬でした。
そして、最後の直線でカツゲキキトキトが先頭に躍り出て、追いすがるメイショウオオゼキをアタマ差で振り切りゴール。やはり主役はこの馬でした。
3着はメモリージルバ。4着にグレイトパールとエンパイアペガサスが同着で入りました。

口取りに向かうカツゲキキトキトです。ファンの目の前を通るサービスもありました。笠松はやはり馬が近いので見ごたえがありますね。

関係者を交えての口取りの写真も一枚。

勝利騎手の大畑雅章騎手です。まだまだカツゲキキトキトの時代は続きそうですね。

この日も思い切り競馬を楽しめました。やはり生での競馬観戦は最高ですね。
笠松競馬も大好きです。これからも応援し続けたいですね。

次ページ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.
Entriesコメント feeds.